マウスコンピューター「G-tune」を選んだわけ

現在、自分のメインマシンとして使っているマウスコンピューターの「G-tune」。かなり快適に動いてくれています。

G-tuneトップ画面 数年前まで自分のマウスコンピューターに対するイメージは「ネットカフェにある安そうなマシン。マウスだからチーズとかダサいし。サポートも終わってて、すぐ壊れるとかいう噂もあるし。絶対に買わない。」という最悪なイメージでした(笑)。

ところが今回本気でBTOメーカーを買おうと思って、調べれば調べるほど「マウスしかねぇな。」という気持ちが強くなりました。

マウスコンピューターのネットでの評判は賛否両論が超極端。でも悪い評判の大半はサポートだったので、ここは手厚くすれば良さそう。モノに関しては飯山工場で国内生産しているので下手な海外ブランドとか国内大手メーカーの海外生産品より信頼できるのでは、と自分なりに消化して決定しました。

マウスにした一番の理由は、予算内で最新・最高レベルの性能を手に入れられるから。ほかの大手メーカーではそもそも最新パーツは選択すらできないわ、値段も倍くらいするわで自分の要求は満たせないと判断しました。

結果、マウスコンピューターにして大満足。本当に良かったと思っています。

【追記】使い始めてから1年半経ちましたが、故障もフリーズも一度もなく過ごせています!

マウスコンピューターで「G-tune」を注文

まずはマウスコンピューターの公式サイトへ行って気になったのが「G-tune」の「NEXTGEAR」シリーズの見た目。これ完全に鎧です。もうロビンマスクとか中世の甲冑好きにはたまらないデザインです。まぁ別に両方好きではないですけど、なんだか迫力があって気に入りました。青く光るLEDもかなりいかしてます。

G-tuneの鎧の様な外観 このPCケースは「マウスコンピューターのオリジナルのPCケース」で、見た目が良いだけでなく、内部構造、拡張性、冷却性能、メンテナンス性が高いなど、いろいろと工夫されてます。マウスコンピューターさんに聞く機会があったのですが、ここまでオリジナルで作るとこは少ないらしいです。

自分はPCを一日中使う仕事なので、条件として「デスクトップ」「CPU性能」「グラフィック性能」は必須。それに加えて流行のPCゲームもやりたいと思っていたので「高性能グラフィックボードが搭載できる」というポイントをおさえた「G-tune NEXTGEAR」シリーズの「i620」を選択。

ゲームPCがゲーム専用と思っている人もいるかもしれませんが、高度なグラフィックを処理できるほどの高性能なPCという訳なので通常の仕事を処理するなんていうのはおちゃのこさいさいですのでご安心を。実際オフィスやフォトショップなんて激早です。

構成は、OS「Window8 Pro 64ビット」、CPU「Core i7 3770K」、CPUファン「水冷」、メモリ「16GB」、SSD「240GB」、HDDは「2TB」、グラフィックボード「NVIDIA GeForce GTX680/2GB」、ドライブ「書き込み対応ブルーレイディスクドライブ」、電源「900W」という感じにしました。CPUとグラフィックボードの性能を上げたのと、3Dゲームもやろうかなと思っていたので電源は上げときました。

この時点で本体は17万円くらいでしたが、サポートに不安があったので「3年保証安心パック(即日修理)+オンサイト修理」を選択しました。オンサイトというのは修理に来てくれるサービスです。仕事で使うので「即日+オンサイト修理」にしておけば安心だろうということで。これが2万円なので、ここを削ればさらに安くなります。ここまでのサポートをつけなくても、修理も国内工場でしてくれるので安心感は高いです。

2012年の11月に注文したのですが、この時点ではかなり良いスペック。この時点でCPUとグラフィックカードが最新のものだったので大手メーカーでは選ぶことができなかったのですが、これより低い性能を選んでも30万円オーバーでした。半年後に海外D社で同じくらいの性能で構成してみたら35万円くらいでした。

それが半年以上前に19万円ですからマウスコンピューターがいかにお手頃価格か分かりますね。ほぼ半額です。

構成が決まったのでいざ注文!注文前に出荷の日程も表示されるので安心して注文できます。

「G-tune」到着!そして開梱!

出荷予定通りの日程で出荷された「G-tune」ちゃん(すでに愛着あり)。出荷翌日に到着しました!

G-tuneの箱画像G-tuneの梱包
お届けは佐川急便さん。うちの周りの佐川さんは丁寧なので全く問題ありません!

来てまず初めの印象「箱でかっ!」でした(笑)。どのくらいでかいかというと横62cm、縦54cm、高さ43cmでおそらく今まで買ったどのPCの箱より大きかったです。本体もでかいんでまぁ当然と言えば当然ですが、期待も高まります!

箱の開ける部分には「▼PLAY GAME」とあって、ゲームPCということを主張してますねぇ。なんだかゲーマーになった気分です。

ケーブルやらキーボードやらを出して、ついに「G-tune」ちゃんとの対面です。おぉ!いかつい!本当に中世の騎士みたいです。ブルーLEDも良い感じです。PC本体は机の上には置かないんですが、ちょっと置いて「ブルーLEDがまぶしい!」とか「起動します!」とか言ってみたくなります(ヤバい)。

キーボードは「G-tune」のロゴ入りでなかなかカッコいいんですが、自分は音が鳴らない低いタイプのタッチが好みでロジクールの「Illuminated」を愛用しているので使用してません。まぁ通常のPCについているキーボードをG-tune仕様にした感じです。可もなく不可もなく使えると思います。必要十分ですね。

全体的には思った以上にメッシュが使われていますね。これならかなり熱がこもりにくいんじゃないでしょうか。PCでハイスペックなゲームをやるとなるとかなりの熱が出ますからこれは良いです。ワンタッチでパネルが外せて掃除しやすいというのもさすがです。掃除もカバー外して掃除機吸ってしまえばいいので簡単です。

G-tuneの全面USBなど 電源と各種ポートもデスクの下置き前提で前面の上側についています!これも本当に使いやすい!デスクトップってなぜか下の方に電源で、ポートが裏にだけついてたりしますから。本当に使ってる人が開発してるPCだなと感じさせてくれます。



使いやすいし見た目もカッコ良くて、本当にPC見るだけでもテンション上がりました。

使用後1年半経過してのレビュー

マウスコンピューターのG-tuneを購入してから1年半が経過しました。今でもバリバリの現役で使用できています。

サポートが気になっていたんですが、故障どころかフリーズすることすらないのでサポートに電話する機会がありません(笑)。サポートに電話してみたかったんだけどなぁ...。故障が無かったというのは本当に良い事なんですけどね!

あれからソフトはアドビのCSシリーズ、動画加工ソフト、3Dゲームと相当詰め込んでますけど動作が重くなる気配もなく、起動も激早な状態をたもっています。

管理人は今までソニー、デル、エプソンなどのBTOを買って使ってきましたが、ここまでトラブルがないBTOパソコンは初めてですね。

本当にマウスコンピューター恐るべし...。もう次もマウス以外買う気がしない...。

初めはかなり恐る恐る挑戦してみたG-tuneでしたが、結果としては自分のBTOパソコン史上最高の1台になりました。ホントに絶好調で愛着すら湧いてきました。

自分のがたまたま当たりのPCだったのかもしれませんが、あるセミナーで聞かせて頂いた社長さんほかマウスコンピューターの方の話から感じる情熱とか誠実さというのも素晴らしいものでした。なので、心配な方もサポートを手厚くしておけば大丈夫!なはず(笑)。

とにかく値段もほかのメーカーと比べて安いので最高スペックにして長く使うというのも全然あり。検討する価値がありまくりのBTOパソコンメーカーだと思います!

このページの先頭へ

  • サイトマップ