BTOパソコンとは?

BTOパソコンとは、「Build To Order PC」の略で、家電量販店などで売っている既製品と違い
注文に応じて生産されるパソコンをあらわします。
CPU、OS、グラフィックボード(ビデオカード)、メモリ、ハードディスク、ソフトウェアなど自分の好きな構成を選び、好みのスペックにすることができるオーダーメイドのパソコンのことです。

BTOの人気の理由
自分の使う目的に合わせて、余計なものを省き、好きなようにカスタマイズできるとあって、こうしたBTOパソコンの人気が高くなってきています。
店頭で売られているパソコンはすぐ購入できますし、現物を見ることができるので初心者には安心感はありますが、自分仕様になっているわけではないので、余計なソフトが入っていたり、グラフィック関連がショボかったり、HDDの容量が少なかったり、メモリーがあまり搭載されていなかったり・・という不満な点が必ずあると思います。
BTOであれば、好みに合わせて、パーツなどを選び、自分の望むスペックや容量のものを注文できる(しかも自宅のインターネットでゆっくり検討できる)とあって、一度BTOで買うと次もBTOという人がかなり多いです。当サイト運営者もBTOしか頼む気になりません。
BTOではカスタマイズとはいっても、そんなに難しくなく、特に大手サイトのBTOパソコンであれば、基本的構成を選び、ソフトやパーツを選んでいくなど意外と簡単に選べます。
パーツなどを変更すると合計価格もそれに応じて変更されて表示されるので、予算との兼ね合いを考えながらスペックを決定できるのもメリットです。
さらに保証までカスタマイズすることができます。通常のメーカーパソコンは1年メーカー保証ですが、保証期間を延長できたり、宅配修理を出張修理にしたりするなどニーズに合わせて組むことができるというのもユーザーに人気のポイントです。

BTOパソコンはどこで買える?家電量販店・大手メーカーサイト・PC専門ショップまで

BTO PCは、いくつかの方法で購入することができます。

いわゆるBTO系メーカー
BTOに強いいわゆるBTO系メーカーの「マウスコンピューター」や「ドスパラ」は、直販サイトがあるのでそこで注文するのが一番早く購入することができますメーカーによって違いますが、手元に届くまでだいたい1週間程度になります。
直に見てから決めたいという場合は、「ドスパラ」は秋葉原に、「マウスコンピューター」は秋葉原含めて名古屋、大阪、九州に直営店と家電量販店でも販売しているのでそこで見ることもできます。


≫マウスコンピューター公式サイト



≫ドスパラ公式サイト

日本の大手PCメーカー
「富士通」や「エプソン」「ソニー」「NEC」「東芝」などいわゆる大手PCメーカーも直販サイト上でBTO販売に対応しているので、直販サイトで買うのが一番早く手に入ります。最短は「エプソン」で当日出荷で翌日到着が可能。BTOパソコンで最速です。そのほかのメーカーは到着まで1週間程度が目安。
大手PCメーカーは、家電量販店に出店していることが多いので直接見たり、相談したりしてBTOパソコンを買うこともできます。不安なことがある方は利用してみてください。

≫富士通「FM-V」公式サイト
≫エプソン公式サイト
≫ソニー「VAIO」公式サイト
≫NEC公式サイト
≫東芝公式サイト

海外の大手PCメーカー
「DELL」や「HP」など世界的に有名なPCメーカーも国内大手PCメーカーと同じく、直販サイトと大手家電量販店で購入することができます。ただし組み立てが海外なので、在庫がある商品以外の納品は数週間かかります。また納期が延びることも多いのですぐに欲しいという人には不向き。
こちらも大手家電量販店に出店していることが多いので、カスタマイズのことなどに不安があるという人は相談しながら購入することもできます。

≫DELL 公式サイト
≫HP 公式サイト

このページの先頭へ

  • サイトマップ